仙台牛タン焼き

2019/08/09

味わい道しるべ

仙台牛タン焼き

写真提供:仙台市観光課

仙台のご当地グルメの代表格「仙台牛タン焼」が誕生したのは戦後まもなくのこと。市内の焼き鳥店「太助」の初代店主(佐野啓四郎さん)が、当時、日本人にはあまりなじみのなかった牛のタンとテールを用いたメニューを提供し始めました。牛タン定食が成立するのは1950(昭和25)年。炭火でじっくり焼いた牛タンに野菜の浅漬けと味噌南蛮、麦飯とテールスープという組み合わせは、戦後の食糧難を乗り切るアイデアでもありましたが、牛タンは高タンパク・低脂肪、ビタミン・鉄分・タウリンを多く含む部位とあって栄養的にも優れたものでした。
しばらくの間、“知られざる珍味”だった牛タン焼きが広まっていくのは高度成長期。外食の機会が増え、仙台の支店経済を支える転勤族や、観光客(NHK大河ドラマ『樅の木残った』でご当地ブーム)の間で評判を呼び、専門店も次々とオープンしていきました。そして昨今では、飲食店の進出により“仙台発祥”の味が全国へ。旅先で仙台牛タン焼きのお店を見つけることは、仙台市民の誇りでもあり喜びです。