施設ガイド

仙台国際センターは「会議棟」「展示棟」で構成され、一体利用することで6,000人規模の大規模催事が開催可能です。

会議棟は平成3年に完成。
外観は仙台城跡・脇櫓の近くという立地条件から城のイメージを現代風にアレンジし、各会議室内の天井も青葉山の山並みや仙台湾のさざ波などがイメージされています。
1,000名収容の大ホールや展示・レセプションホール、大・中・小会議室など会議機能を1階~3階に配し、さらに市民が自由に出入りできるフリースペースが1階に設けられています。設備面は各種音響・照明・映像設備、6カ国語対応の同時通訳設備も完備しており、さまざまな会議でのご利用が可能です。

展示棟は平成27年に完成。
会議のほか、展示会や見本市、イベント等多彩な催事に対応可能な3,000m2無柱の展示室を中心に会議室、応接室、控室、パントリー、ひろびろトイレ等を有しています。展示室は分割利用も可能です。
展示棟メインエントランスは2015年12月開業の仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」からの主要出入り口となり、利便性が向上いたします。

また、会議参加の際など、会議棟・展示棟ともに全館で無線LANをご利用頂けるようになっております。

さらに、仙台国際センター北側に位置する「せんだい青葉山交流広場」は、イベント会場や駐車場としてご利用いただける約19,000m2のスペースです。最大8,000m2クラスの大型テントの設置が可能であり、その場合は会議棟・展示棟と合わせて10,000人規模の収容が可能です。
駐車場として利用する場合は最大で一般車342台、身体障がい者用4台、大型車22台が収容可能です。(催事の有無により変動あり)

2015年12月には仙台市営地下鉄東西線が開通し、仙台駅から乗車時間4分で「国際センター駅」に到着という好アクセスが実現いたします。
仙台の国際交流・学術文化振興の拠点「仙台国際センター」へ、是非ご来場ください。

鳥瞰図