仙台づけ丼

2019/09/09

味わい道しるべ

仙台づけ丼

写真提供:(公財)仙台観光国際協会

宮城県は、世界三大漁場の一つ、三陸沖を抱える海の幸王国。大小140以上の漁港があり、このうち気仙沼、石巻、塩釜は、全国で13港しかない特定第3種漁港に指定されています。
新鮮で豊富な海の恵みを活かした美味を――実は仙台づけ丼の発案者は意外な人物。東北大学大学院工学研究科の堀切川一男教授のアイデアを基に、官民が協働して2009(平成21)年に商品化しました。ここで掲げられたのが5つの“おきて”。

一、地場産の魚を使うべし。
一、宮城県産米のすし飯を使うべし。
一、料金を明示すべし。
一、各店独自性を出すべし。
一、『づけ丼』が真の宮城名物となるよう日々精進すべし。

――提供する各店が工夫を凝らし、創作力を発揮し、味を磨いています。タレは、カツオと昆布のあっさりダシ、仙台味噌を隠し味にしたもの、または煮切り醤油をつかった濃い口など様々。ネタ良し、タレ良し、見目も良し。新名物から“真”名物になる日も近いことでしょう。